船橋市で住みやすい物件にはどんな特徴があるの?

住みたい街、住みやすい街として、さまざまな世代から評価の高い船橋近郊エリア。都会的でありながらも、自然が残っている場所も多く、程よい開放感がある、人気のエリアです。大人も子どもも暮らしやすい街として、子育て世代からも支持を得ています。物件の立地や交通の便、実際の部屋の間取りや設備など、住みやすさをはかる基準には、さまざまなポイントがあげられますよね。住みやすさを意識した物件には、どのような特徴と共通点があるのでしょうか?

船橋市で住みやすいとされるのはこんな物件!

都心へのアクセスの便利さや生活環境の充実度から、住みたい街としても注目され、賃貸、分譲物件ともに人気のある船橋近郊エリア。その中でも注目度の高い、住みやすいとされる住宅には、どのようなものがあげられるのでしょうか?住みやすさのキーワードとしてあげられるのは、通勤や通学に便利な駅の近くにある駅近の住宅、そして、新築や築年数の浅い住宅や、歩道や道路の整備が進んでいる新興住宅地にある住宅、また、スーパーマーケットなどの便利な買い物拠点が徒歩で行ける範囲にある住宅です。

とくに、働く世代や子育て世代の場合、日々の生活に重要となってくる交通の便の良さを考慮したいのではないでしょうか。9つものたくさんの路線が乗り入れている市内には、現在、37の駅が存在しています。最寄り駅まで、徒歩で5分から15分程度でアクセス可能な物件が多いのも特徴で、通勤・通学に好条件のエリアに人気が集まります。

一番の住みやすさと人気を誇るのは、JR総武快速線で東京駅や品川駅に30分弱でアクセスが可能な船橋駅の近隣。単身者用からファミリー用の住宅まで、さまざまなルームタイプが揃っています。しかし、中心部ということもあり、平日も混み合いがちで、繁華街のあるこのエリア。より落ち着いた生活環境をのぞむファミリー層には、南側の地区よりも北側の地区が人気となっており、新築の一戸建てやファミリー向けのマンションなどが多く見られます。

公園や緑地も点在していて、ゆったりと開けた住環境の中に住めること、また、毎月の駐車場代が万単位になってしまいがちな中心部よりもリーズナブルで、比較的道路状況の良い背景が好まれています。ライフスタイルによっても、住みやすさは変わってきますので、ぜひご自分が住みやすそうと思える物件を見つけてみてくださいね。

船橋市での住みやすさを決める条件

では、船橋市エリアでの住みやすさを決定づける条件としては、どのようなものがあげられるのでしょうか?物件を選ぶ場合、多くの方がその交通の便についてまず一番に考慮されるのではないでしょうか。JR線のほか、京成線や東武線の利用が可能で、市の中心駅でもある船橋駅や、東京メトロの乗り入れ駅でもあり、各方面への乗り換えが便利なJR西船橋駅など、市内には多くの主要駅が存在します。勤務先や通学先によっても、住みやすい路線沿いはそれぞれ変わってくると思いますが、各駅のエリアごとに、駅近の物件が多いのも船橋が住みやすいとされる大きな理由のひとつでもあります。

東京湾に面する海側のエリアには、巨大な敷地にある大型ショッピングモールの数々、また、規模の大きな工場や倉庫なども多く、古くから栄えてきました。そのため、交通の便という利点を持つ、住みやすい住宅地があります。JR京葉線、武蔵野線、総武線などを使って、都心方面へのアクセスを考慮する場合は、このエリアがおすすめです。

しかし、アクセスを重視した立地条件よりも、開放感のある広々とした街並みや、閑静な住宅街に住みたい方などにおすすめなのは、内陸部のエリア。とくに、お子さんがいる家庭では、通園・通学が徒歩圏内であったり、住宅の近くに公園があったり、各種病院が揃っていたりという、便利かつ、落ち着いた住環境の条件も必要となってきますよね。

そういった条件下では、新京成線沿いの高根公団駅や薬園台駅のエリアが人気で、新築の一戸建てなどが増えている地区も多く見られます。それぞれ重視する条件によって、住みやすさの条件に当てはまるエリアも微妙に異なってきます。住まい探しをする際は、どの条件を重視するかという点を、ぜひ、もう一度熟考してみてください。

船橋市でおすすめの物件を探す方法

物件探しの定番でもあり、沿線や駅を指定してすぐに検索ができる、住宅情報サイトや不動産情報サイトなどの活用も、もちろんおすすめです。まとまった時間をとって探すことができない方などは、サイト上で、検索条件を保存してメール通知を受けるシステムなどもありますので、効率的な情報収集に役立つかと思います。

そのほか、現地だけで手に入るような、旬の新着情報がある場合もありますので、エリア特化型の不動産会社や不動産店に実際に行ってみて、話を聞くだけでもメリットがあるかと思います。しかし、本当に条件に適した物件を探すのにおすすめなのは、やはり、現地へ訪れて、実際に目で見てみること。市内の人口は、年を追うごとにだんだん増えてきています。

中でも、生活環境がもっとも充実している南部では、その傾向が著しくなっていて、東京都と比べても、大田区や江戸川区と同程度の人口がありますので、人によっては、狭くて混雑しているという印象を持つ方もいるかもしれません。いくら便利な環境で、住まいへの条件が揃っていても、日々のちょっとしたことで、窮屈に感じてしまうようであれば、あまり喜ばしいことではありませんよね。

主要駅から数駅離れるだけでも、だいぶ印象の変わるエリアは多く、都心へのアクセス時間にも大きな違いがないエリアも多く存在します。好みの物件とタイムリーに出会うことがポイントとなってくる不動産だからこそ、いろいろなところにアンテナを広げて、じっくりとお部屋を探すことをおすすめします。また、住まいの持つひとつのメリットに着眼するのではなく、それぞれの住まいを総合的に判断して、お気に入りのお住まいを見つけてみてくださいね。

まとめ

ベッドタウンとしての住みやすさも兼ね備えており、千葉県でも人気のある船橋市。東京湾に近い便利で賑やかな南側。西側のエリアと、自然が多く、閑静でゆとりのある住環境が魅力の東側や北側エリアでも、大きく印象の変わってくる市でもあります。市内のどこに住んでも住みやすく、子どもの医療費助成制度やひとり親の家庭への助成制度など、子育て世代にうれしい制度も充実しています。ぜひ、県内の住みやすさランキングでも上位をキープする船橋エリアで、素敵な住まいを見つけてみてください。

この記事をシェアする