新築戸建てを建てるなら知っておきたい船橋市の地盤事情

憧れのマイホームを購入する際に、家の外観や間取りにこだわるという方は多いでしょう。しかし、家そのものよりもこだわりを持って確認しておきたいのが実は地盤なんです。地震や大雨などの自然災害は予測不能です。弱い土地の上に立っている家では、いくら家自体を頑丈に造ったとしても無意味です。大切なマイホームを守るためにも、事前に知識を得て調査することが重要です。今回は地盤の確認方法と補強工事についてまとめました。

 

なぜ地盤が大切なのか

家を購入するとなると、どうしても家そのものに意識が向きがちですよね。家を購入する前に絶対にチェックしておきたいのが、家が建つ土地についてです。地盤については、地震後の液状化現象や、大雨によって土砂崩れの被害が出た時などによく話題に上っていますので、耳にしたことがあるという方も多いでしょう。

また、弱い土地にそのまま家を建てた場合には、徐々に家が傾いてくるなどのトラブルも起こります。自然災害は人間がコントロールすることのできない現象ですが、少なくとも住んでいる場所がしっかりとした強い土地であることで、更なる被害を防ぐことができます。

せっかくのマイホームが欠陥住宅になり、住めなくなってしまうというリスクを抱えないためにも、地盤のチェックをすることが重要になってくるのです。

 

地盤を確認する方法

地盤はどのようにして確認をすれば良いのでしょうか。通常、家を建てるための土地に関しては、家の建設工事が始まる前に地盤の調査が行われています。その調査結果が良好であれば、その土地に対して地盤保証証明書が発行されています。

その土地を管理する不動産会社に、保証証明書の有無について確認してみましょう。調査結果が不安であれば、他の調査会社などにセカンドオピニオンの調査を依頼することも可能です。

また、インターネット上で地域ごとの調査結果を見ることもできます。あくまで地域ごとの結果なので、実際に家を建てる土地とは異なっている可能性もありますが、その土地の特徴を知る参考になります。船橋市では、北習志野周辺などの関東ローム層と呼ばれる土が堆積している場所は強く、東京湾に近いと埋め立て地などもあるためやや弱いという傾向にあるようです。

 

地盤を強くする工事って?

もし、調査をした結果、家を建てるには弱い土地だと判断された場合には、地盤を強くする工事が必要になります。具体的には、家が建つ場所の下にセメントを流し込み強くする方法や、木や金属、セメントなどでできた柱を何本も地中深くまで打つことで家を安定させる方法などがあります。

そういった工事を専門に行っている会社もあり、予算や土地の状態に応じて適切な方法で工事を行うことができます。工事費用は方法や面積によって様々ですが、一般的に戸建住宅程度が建つ広さの土地の場合には数万円から数十万円がかかります。

高いと感じるかもしれませんが、この地盤改良工事を怠ると、将来的に建てた家が傾いてしまう危険性があります。マイホームに長く住み続けるためにも、必要と判断された改良工事はしっかりと行うようにしましょう。

 

まとめ

新築戸建てに住みたいと思っている方は、家が建つ土地について、その強さや状態をきちんと調査しておくことが大切です。船橋市の場合、特に東京湾の近くは河川が多い上に埋め立て地などもあり、地盤が弱い傾向にあります。

家の購入前に、不動産会社などに証明書の有無を確認しましょう。必要な場合は改良工事を行うことで、地震や大雨などの自然災害はもちろん、マイホームを欠陥住宅にしてしまうのを防ぐことができます。安全に生活するために、家の購入前にまずはその土地のチェックを心がけましょう。