新築戸建の間取りはどう選ぶ?船橋市の場合

単身者向けの賃貸アパートなどを選ぶ場合、間取りを気にして部屋を決めるという方は少ないのではないでしょうか。それに対して戸建ては広く、部屋数も多いため、快適に暮らすためには自分のライフスタイルに合った間取りを選ぶことが重要になってきます。どうすれば自分にぴったりのものを選べるのか分からないという方のために、ライフスタイルや人気の建売住宅から考える選び方や、選ぶ際のポイントについて見ていきましょう。

 

ライフスタイルと間取り

間取りを選ぶ時にまず考えるべきなのは、その家に住む自分や家族のライフスタイルについてです。現在の生活を振り返って、もっとこういう家だったらいいのにと感じるポイントを見つけてください。例えば、リビングやダイニングが手狭なのでもっと広い方がいい、子供部屋がないので欲しい、書斎にできる部屋を作りたいなどです。

更に、現在の生活に加えて少し先のライフスタイルについても考えましょう。例えば、今は子供二人が同じ部屋を使っているけれど、将来的には別々の部屋にしてあげたい、両親がもっと年を取ったら同居したいので、今のうちに二世帯が住める家にしておきたいなど、数年後や数十年後を見越して間取りを選ぶことが重要です。現在と将来のライフスタイルに合致するような家のつくりにすることで、理想に近づけることができます。

 

建売住宅から見る人気の間取り

船橋市には数多くの新築戸建があります。中でも建売住宅は、万人が住みやすいように設計されていますので、どんな間取りがいいか思い浮かばないという方の参考になります。間取りを調べる前に、基本的な部屋の種類ごとの表示についてご紹介します。

Rとはルームのことで部屋を指し、Kはキッチンを指します。DKはダイニングキッチン、LDKはリビングダイニングキッチンを指します。例えば2LDKという表示であれは、部屋数が2つでなおかつリビングダイニングキッチンもあるという意味になります。

船橋市の新築建売住宅で多いのは、4LDKと3LDKの間取りです。子供のいる家族であれば、子供部屋として複数の部屋を確保している家が多いのだと推測されます。余裕をもって余分に部屋を確保しておくという考え方の家庭も多そうです。

 

間取りを決めるポイント

注文住宅であれば、家のデザインは自分の好きなように決めることができます。好みの広さや部屋数にすることはもちろん、自分にとって使いやすい間取りにすることができます。建売住宅は、既に完成した状態の家を購入することになります。

すぐに入居できるというメリットはありますが、間取りの変更はできませんので、必ず内見をすることをおすすめします。内見をする際に、その家での生活をどれだけ具体的にイメージできるかがカギになります。

あらかじめ、どれだけの部屋数が必要なのか、家族の共有スペースであるリビングやダイニングはどのくらいの広さが欲しいのかなど、最低限クリアしたい条件を書き出していくといいでしょう。不動産会社にその条件を提示したり、インターネットの検索サイトで条件を指定して検索したりすると、理想に近い間取りの家が簡単に探せます。

 

まとめ

今回は船橋市の物件とその間取りについてみてきました。いかがでしたでしょうか?間取りを決めるにも様々なポイントがあります。特にライフすタイトルは間取りを決める上でも重要なポイントと成りますので、参考にしていただければと思います。

この記事をシェアする