船橋市で新築戸建の注文住宅を建てるには

憧れの新築戸建に住むのなら、注文住宅で理想の家を建てたいと思っている方も多いのではないでしょうか。注文住宅とは、工務店やハウスメーカーに家の建設を依頼し、外観デザインや間取りなどを購入者が決める家のことです。完成した家を購入する建売住宅とは違い、世界に一つだけの家を建てることができます。今回は、注文住宅のメリットをはじめ、家を建てるまでの流れや理想の家にするためのポイントについてご紹介します。

 

注文住宅のメリット

注文住宅には、どのようなメリットがあるのでしょうか。最大のメリットは、やはり自由度が高いということでしょう。注文住宅にはフルオーダーとセミオーダーの二種類があり、フルオーダーの場合は家に関する全てを購入者が決めることができます。完全にオリジナルの家になるのが魅力です。

セミオーダーの場合には、工務店やハウスメーカーで基本的な家の造りについては決められています。内装や外装デザインについて購入者が選ぶという形になりますが、間取りの変更などはもちろん行うことができます。

また、建売住宅に比べて費用が高額になるというイメージもありますが、実は低価格に抑えることも可能です。限られた予算内で建てられる家にできるのも、オーダーメイドならではのメリットと言えますね。

 

注文住宅を建てるまでの流れ

実際に家を建てるまでには、どのようなステップがあるのでしょうか。まずは、家の建設を依頼する工務店やハウスメーカーを選びます。船橋市で新築戸建の注文住宅を建てる場合には、船橋市での施工を行っている会社を選ぶことが第一条件です。

インターネットで検索すると様々な会社が出てきますので、気になった会社にまずは資料請求をしてみましょう。パンフレットにはその会社がそれまでに建てた家が載っていたり、実際に見学できるモデルハウスの案内があったりするので、雰囲気を掴みやすいと思います。

依頼する会社を決めたら、担当のプランナーや建築士との相談に入ります。希望する間取りや外観、内装デザインなど細かく決定し、予算内での施工が可能かについても検討していきます。最終的な計画ができあがったら、家の建設工事に入るという流れです。

 

思い通りの家を建てるには

特にフルオーダーの注文住宅では、家に関する全てを購入者が決められる反面、ある程度の建築や設計に関する知識が必要になります。しかし、そんな知識を持っているのはごく少数の人ですよね。では、どうしたら思い通りの家を建てることができるのでしょうか。

工務店やハウスメーカーの建築士は、当然ですが建築のプロです。理想の間取りや好みのデザインについてどう説明していいのか分からない場合は、その家に住んだ後の理想の生活を具体的に伝えることをおすすめします。

例えば、リビングには大きめのテレビとソファを置きたいと思っている、作った料理を台所からダイニングテーブルまですぐに運べるようにしたい、子供やペットの犬が遊べるような庭が欲しいなど、こんな生活がしたいという要望を伝えて下さい。建築士がその要望から、ぴったりの間取りやデザインを提案してくれます。

 

まとめ

注文住宅では建売住宅と違い、これから建てる家に関する全てを購入者が決めます。予算や立地、間取りやデザインに関する自由度が高いというメリットがある反面、理想の住まいがはっきりしていないと計画の段階でかなり時間がかかってしまうでしょう。

こんな家でこんな生活がしたい、というイメージをきちんと建築士に伝えることが大切です。人生の中でも大きな決断である家の購入。注文住宅で理想のマイホームを建てることで、愛着のわく家になりそうですね。