失敗しない船橋市の新築戸建選びのポイント

新築戸建を購入するなら、理想の家を手に入れたいですよね。高い買い物ですし、その後長く住み続ける家ですから、実際に住み始めてからイメージと違ったり使い勝手が悪かったりという失敗は避けたいものです。新築戸建の購入でありがちな失敗や、船橋市の戸建事情を知ることで同じような失敗をしないように気をつけることができます。また、家を購入する際に失敗しないためのポイントもあわせて確認していきましょう。

 

新築戸建のありがちな失敗

注文住宅の場合、家に関する全てを自分で決めることができます。新しい家での生活について具体的に想像することができていれば、完成した家がイメージと違ったということは起こりにくいでしょう。ただし、フルオーダーの注文住宅で理想の家にするためには建築に関するかなりの知識が必要です。

部屋の大きさなども、数字で表されたものと実際の広さでは印象が異なる場合もあり、イメージと違うという失敗が起こりやすいので注意が必要です。また、意外と見落としがちなのがコンセントの位置と数です。これは注文住宅でも建売住宅でも気を付けなければならないポイントですね。我々の生活に欠かせない家電は、全て電気を使って動いています。

住み始めてから必要な場所にコンセントがなかったり、コンセントの場所が使いにくい位置にあったりして困ったという体験談は数多くあります。購入前に具体的な家電の配置までイメージして、コンセントが足りるかどうかを確認するようにしましょう。

 

船橋市の戸建て事情を探ろう

船橋市の戸建事情を知ることで、事前に起こりうる失敗を防ぐことができます。例えば、船橋市の建売住宅で多い間取りは3LDKから4LDKですが、リビングダイニング以外の部屋の大きさは5帖から6帖未満のものが多いです。間取り図では部屋の広さをこの「帖」という単位で表している場合も多く、よく使用される「畳」という単位と混同しがちです。

「畳」は畳が何枚分かという測り方でイメージが付きやすく、部屋の広さをこちらで想像してしまうことも多いでしょう。例えば5帖は約4.5畳分の広さですので、間取り図の数字だけを見て「畳」のほうでイメージしてしまうと想像よりも狭いと感じてしまうでしょう。部屋数の多さも重要ですが、各部屋あたりの広さも大切ですのでしっかりと確認するようにしたいですね。

また、船橋市の建売住宅は二階建てが多いです。もし一階建ての平屋を希望している場合には、建売住宅から探すのはやや難しいかもしれません。妥協して二階建ての家を購入したもののやはり不便だったということがないようにしたいですね。

 

失敗しないためには?

では、家を購入する際に失敗しないためにはどうしたらよいのでしょうか。まずは、具体的な家具や家電の配置、ライフスタイルについて想像することが大切です。特に建売住宅の場合には、間取りやコンセントの位置などの変更は容易ではありません。内見の時に内装や部屋数、部屋の広さを見ることはもちろんですが、家具や家電の置き場所を具体的に想像してみましょう。

実際に置きたいと思っている大型の家具や家電については、事前にサイズを測っておいて思った通りに置くことができるかをチェックすることをおすすめします。注文住宅の場合、完成した家がイメージと違ったというトラブルが起こりやすいです。

設計の段階から、担当の建築士やプランナーにしっかりと自分の希望を伝えることが重要になってきます。図面や材料のサンプルだけで想像が付きにくい場合には、完成予想と近い家を見せてもらうなどして具体的なイメージを掴むようにしましょう。

 

まとめ

マイホームの購入は、人生で何度もあることではありません。大きな買い物ですから、いくら慎重になっても足りないくらいですよね。家を購入するまでには数々の段階を踏むので忙しく、焦りから確認不足が起こることもあります。

特に建売住宅の場合には、部屋の広さやコンセントの位置を、実際に物件を見た時にしっかりとチェックするようにしましょう。その家での生活を具体的に想像し、家具や家電の配置まで決めてしまうと良いです。注文住宅の場合には、妥協せずに自分の希望をしっかり伝えることで、完成後のイメージ違いを防ぐことができます。失敗回避のポイントを押さえて、理想通りの家を手に入れましょう。

この記事をシェアする