知っていますか?新築戸建に必要な保険の種類とは

住宅というのは生活を守るとても大切な場所ですし、購入する際にはとても多くの費用がかかるものです。そんな家がトラブルに巻き込まれてしまっては大変ですよね。万が一の時でも補償をしてもらうことが出来るように、保険に加入しておくということはとても大切なことです。

住宅に関するものにもいくつかの種類がありますが、新築戸建住宅にはどのようなものが必要となってくるのでしょうか?種類とそれぞれの内容についてまとめていきますので、これから新築戸建住宅の購入を検討されている方や、すでに購入済みでこれから住み始めるという方はぜひチェックしておくことをおすすめします。

多くの人が加入する火災保険

住宅を購入した際にほとんどの人が加入することになるのが、火災に備えたものです。住宅ローンを申し込む際に一緒に申し込むことが多いほどメジャーなものです。補償の内容によっていくつかの種類があります。住宅に対して最小限の補償するもの、全般的な補償をするもの、より充実した補償内容となっているものなどがあり購入者のニーズによって選択することが出来るようになっています。

火災と聞くと家が消失したり火事になってしまったりした場合のみしか補償の対象とならないのかと思われるかもしれませんが、実際には落雷や風災、空き巣なども補償しているものもあります。

補償の範囲や内容はそれぞれの保険で違っていますし、もちろんかかる費用も違っていますので自分の家にはどのような内容のものが必要であるのかということをきちんと考えて選択していくことが大切です。

より手厚い補償のための家財保険と地震保険

火災保険は住宅を購入する際に多くの購入者が加入しますが、それでは補えない部分を補償するためにあるのが家財を補償するものと地震に対しての補償をするものです。

家財に関するものは万が一の事故の際に電化製品や家具、服飾品など家財の補償をするものです。実際に火災や風災などに巻き込まれた際には家自体はもちろんこういった家財にも被害が及びますのできちんと備えておくというのは必要なことです。

そして現代の日本に住んでいるのであれば一番身近な自然災害となっているのが地震です。補償の範囲としては地震が原因で火災が起きた際に家が消失してしまった場合や、家が倒壊した場合、地震で火山が噴火して家が被害を受けた場合や、津波によって家が流されてしまった場合などに及びます。地震は残念ながらとても身近な災害となってしまっており、いつ自分が巻き込まれるかわかりません。安心して生活をしていくためには地震に備えたものはもはや必要不可欠となっています。

これら2つのものは、基本的には火災保険に付帯する形でつけるものです。自分は大丈夫とは思わずに加入しておくことをおすすめします。

10年間の品質を保証してくれる住宅瑕疵担保責任保険

あまり聞きなれないものかもしれませんが、新築戸建住宅購入の際に加入するものとして住宅瑕疵担保責任保険というものがあります。これは購入をしてから10年以内に住宅に何らかの不具合が出てしまった場合に購入に関わった工務店や業者が例え倒産しても10年以内であれば保険金にて補償をしてくれるというものです。

これが他のものと違うのは、購入者が費用を支払うのではなく業者が支払うということです。平成21年10月以降、加入していない住宅は販売することが出来なくなりました。そのため業者は販売をする前にその建物に保険をかけて、その加入後の住宅を買主が購入するということになります。

自分でお金を支払って加入するものではありませんので意識がいかないかもしれませんが、きちんと加入していない住宅を万が一購入してしまうと後でトラブルや不具合が発生した際に泣き寝入りするしかなくなってしまいます。売りに出されている物件は基本的には加入しているはずですが、契約の際には必ず確認しておくようにしましょう。

まとめ

生活をしていく大切な場所である家を守るために、万が一のトラブルに備えておくということはとても重要なことです。新築戸建の住宅を購入した際には、その時のことだけではなく長い目でみてよく考えて保険に加入しておく必要があります。

多くの人が加入する火災に備えるものだけではなく、家財を守るためのものや地震に備えるものにも加入しておくことで様々なトラブルや災害に備えることができ、安心して生活していくことが出来ます。

保険は何も起きなければ掛け捨てになってしまうものですので必要ないと判断して加入しない人も多いですが家や家族を守るため、万が一の時にも補償を受けるためには目の前の費用も気になるかもしれませんが加入をしておくことをおすすめします。