新築戸建で理想のキッチンを作るために知っておきたいこと

栄養を取るため、家族とのコミュニケーションを取るため、様々な役割がありますが家での食事というのは健康的で快適な生活をしていく上で非常に重要なものです。そんな食事を用意するためのキッチンというのは、家の中でとても大切で重要な場所です。そのため新しく家を購入する際にはどのようなキッチンにするかということがとても大きな問題になります。使いやすさや見た目など様々な理想を抱く方も多いのではないでしょうか?

では新築戸建の住宅を購入する際に、自分の理想のキッチンを作るためにはどのようにすれば良いのでしょうか?どのような点に注意して考えていけばよいのか、そしてよくある失敗とはどのようなものなのかということについてご紹介していきますのでぜひチェックしてみてください。

よくある失敗とは

どのような点に注意すれば自分の理想に近く、そして使いやすいキッチンを作ることが出来るのかということを考えるために、まずは実際に家を購入した人が多く感じている失敗について見ていきましょう。

一番多いのは収納についての失敗です。調理器具や食器、調味料や材料など台所で使うものというのは非常に多いです。それらをきちんと収納でき、必要な時に必要なものを取り出すことが出来るということが何よりも大切です。収納スペースが小さすぎて上手く収納が出来ずに散らかってしまったり、収納スペースが高いところにあって椅子や台に乗らないと簡単に取ることが出来なかったり、収納を置きすぎてスペースがなくなってしまって動きづらくなってしまったりという失敗が多くあります。

近年作る人が多くなったパントリーも、換気がきちんと行われない仕様になっていて通気性が悪いために食材を保管するという本来の目的で使えないということもあるようです。
その他には理想を追い求めて間取りを決めたけれども、実際に使用してみると使い勝手が悪かったり動きづらかったりという失敗も多く挙げられています。

間取りが肝心

新築戸建のキッチンづくりでまず大切なことは、間取りをきちんと考えるということです。キッチンと一口に言っても、I型やアイランド型、L型など非常に多くの種類があります。流行りや人気というものはありますが、果たしてそれを取り入れたからといって本当に使いやすいキッチンになるかというと必ずしもそうではありません。それぞれに特徴があり、メリットもデメリットもありますので自分にとってどれが一番使いやすい形であるのかということをきちんと考える必要があります。

形や間取りによって、キッチンの中に出来るスペースや収納の作り方なども大きく変わってしまいます。目で見て良いと思うものと、実際に自分がそこで料理をする時に使いやすいかということは別問題であるということを忘れてはいけません。

動線を考えているかが使いやすさを左右する

料理をする際には、シンクで野菜やお皿を洗ったり、コンロで火を使ったり、電子レンジを使用したり、お皿や食材を取ったりととにかく動き回ります。そのためにその際の動線がきちんと確保されているかどうかということが、使いやすさを大きく左右することになります。

動線をきちんと考えて作られていれば、無駄に動く必要もありませんし、必要な動きが妨げられるということもありません。限られたスペース内でのことですのでそんなに気にする必要はないのではないかと思われるかもしれませんが、食事はほぼ毎日摂るものですのでそのためには多くの時間をキッチン内で過ごすことになります。にもかかわらずそこで多少なりともストレスが溜まってしまうと、それが積み重なって大きな不満となってしまうのです。

新築戸建住宅のキッチンを作る際には、実際に料理をする時のことをよく考えて、どのように配置すれば必要な動線を確保することが出来るのかということを意識するようにしましょう。

まとめ

キッチンはスペースの広さだけで見ると、家の中でそこまで大きな部分ではありません。ですが生活をする上で非常に大切な食事を準備するためにとても重要な場所であり、暮らし始めたらほぼ毎日必ず使用するものです。

そんな大切な場所だからこそ、新築戸建住宅を購入する際にはどのようなものにするのかということをきちんと考えなければなりません。何かと物の多くなる場所ですので収納を十分に用意し、そしてその収納したものが必要に応じて容易に取り出せるようにしておくと使いやすくなります。

またスムーズに動くことが出来るような間取りを意識して、動線を確保することが出来るようにするとストレスなく使用できるキッチンとなります。理想に描いているものを追い求めることももちろん大切ではありますが、使いやすさを考えて作ることが結果的に理想的なキッチンへの近道となるのです。

この記事をシェアする