新築戸建物件を建てるのに失敗しないハウスメーカーの選び方

ハウスメーカーは一生の買い物とも言われる、マイホーム購入の大切なパートナーです。世の中には住宅を建てる会社がたくさんあり、全国に展開する大手から地元の物件を中心に請け負う大工さんや工務店まで、様々です。

知名度で選ぶべきか、建築費用で選ぶのかポイントはたくさんありますが、大きな買い物なので絶対に失敗はしたくありません。家族の理想を形にするためには、どのような会社をパートナーに選べば良いでしょうか。

大手メーカーか地元工務店か?

住宅建設メーカーには全国に展示場や支社を展開する大手のメーカーもあれば、特定のエリアや地域に強い中堅のメーカーもありますが、知名度の高いところはテレビCMや看板など、日常生活でも頻繁に会社名を目にする一方、地元密着の工務店もあり、こちらはその地域で生活していないと、なかなか知ることの無い会社もたくさんあります。

念願のマイホームを建てるなら、何となく知名度の高い大手メーカーに依頼した方が、フォロー体制も万全で理想の家が建つような気がします。しかし実際には、大手のハウスメーカーにも地元工務店にもそれぞれにメリット、デメリットがあるため一概にどちらが良いとは言い切れません。

例えば大手メーカーなら絶大なブランド力があり、全国に展開しているので住宅展示場に行けば、その会社の得意とする住宅を見学できます。また規模の大きい会社が多く、品質が一定な点や保証制度が充実している点も信頼性があると言えます。

さらに建物を全国で画一した規格商品としてシリーズ販売しているため、工期が比較的短期間で済みます。しかし展示場やアフターフォロー、均一なサービスの反面、建築費用が高くなる傾向にある点、仕様がある程度決められていて、一定の範囲内でカスタマイズしていくスタイルから、自由度が制限されるという一面もあります。

一方、工務店と言われるところは、地域に密着しているため施主や地元業者とのつながりが濃く、いわゆる義理人情で困った時にも駆けつけてくれる頼れる存在です。また大手企業とは異なり、規格商品は持っておらずゼロから家を作ることが多いので、自分の希望やこだわりを反映した自由度の高い家作りができる点など、柔軟性が高いというメリットがあります。

その反面、工務店により品質や規模、経営状況にバラツキがある場合も多く、将来的な倒産などのリスクもある点、またそのリスクを事前には把握しにくいというデメリットもあります。

知名度ではなく実績で決めよう

結局マイホームを建てるなら、どんなメーカーに依頼すると良いでしょうか。前述のとおり大手メーカーは、テレビCMをはじめ、巨額の広告宣伝費を使っているため、日本中どこに住んでいても対応してもらえるエリアが広く、知名度の高さでは申し分ない会社が多いでしょう。

一方地元に密着したメーカーや工務店は、知名度は低くても広告宣伝費をかけていない分、比較的建築費用を抑えられます。また大手メーカーでは叶えられない細かな要望やこだわりを実現できるメリットもあります。

知名度を優先して決めるのも間違いではありませんが、もし大手メーカーと地元工務店とで迷った場合は、終の棲家として家族全員を守り、希望を実現できる実績があるかどうかを参考にしましょう。

台風に強い家や地震に強い家など、安全面での実績を選ぶのも方法ですし、狭小地やこだわりの強い家を建てたいならデザイン力や提案力のある工務店を選ぶのも、希望を形にするための方法です。

いずれにしても、自分が家に求める条件や優先順位を十分に整理しておく必要があります。

希望する工法やデザイン、費用が実現できるか?

戸建住宅の購入に当りハウスメーカー選びをする際は、どんな家を建てたいのか、外観デザインや間取り以外にも家の工法や構造、建築費用などを総合的に検討しながら選ぶ必要があります。

工法には木造軸組工法やツーバイフォー、重量鉄骨造、鉄筋コンクリート造などがあります。また最近は耐震性や耐火性能に優れた構造の住宅を扱う工務店やメーカーも多くあります。

安全性能と同時に快適な住環境を実現する工法も、各ハウスメーカーや工務店が工夫を凝らしています。高気密、高断熱で夏は涼しく冬は暖かく過ごしやすい住宅など、独自の工法を取り入れているメーカーもあるので、実現したい家作りができそうなメーカーをいくつかピックアップし、その中からさらに家族のこだわりや希望を叶えられるところを見つけられるといいでしょう。

相見積もりをもらって絞り込もう

希望の家作りを叶えてくれそうな住宅建設会社や工務店をある程度絞り込んだら、最終的にどこに依頼するかを決定するため、見積もりを取りますが、この際数社から相見積もりを取ることをおすすめします。

同条件でなくても、最低限叶えたい条件を網羅した見積もりを出してもらい、比較することでそれぞれの会社の特徴も見えやすくなります。また同じ費用項目でも、内訳や表記が分かりやすいものかどうか、余分なものや曖昧な費用が含まれていないかなども十分に確認しましょう。

さらに見積もりを出してもらう際、他に検討している業者があることを知らせておくことで、初めから余分な項目をそぎ落としたシンプルな見積もりを提示してもらいやすくなります。

サービス内容も提案内容も異なる大手のハウスメーカーと地元の工務店を、同列に比較することは難しいことです。大手ハウスメーカーの規格化された住宅は、自社工場で作られた均一で安心の品質を売りにしています。しかし受注後、実際に施工を行うのは、下請けの工務店が行うことがほとんどで、実際の施工の質を事前に量ることは難しい現実があります。

一方で地元工務店に依頼する場合も、業者により提案力も技術力もピンキリなのが現実ですが、情報収集によって理想に近い工務店や職人を探すことも可能です。

担当者と話してわかることもある

最終的に依頼する住宅建設会社を決める際、どちらにするか迷ったら、営業担当者に会ってみるのも良いでしょう。長い付き合いになる会社や工務店なので、信頼できる担当者や職人のいるところに依頼した方が、入居後もメンテナンスやアフターフォローも利用しやすくなります。

一方で企業理念にも共感していた大手メーカーでも、担当者と会って話すことで、それまでの印象が変わる場合もあります。組織が大きくなるほど企業としての理念が社員全員に浸透しにくくなり営業マン、支店長、営業部長などの個性や仕事の仕方に影響されます。

また大手企業の営業マンであれば厳しいノルマに追われていたり、複数の現場を掛け持ちしていたりするケースもあります。このように考えると企業名やブランド力、提案力、技術力、費用対効果など、様々な面から総合的に依頼先を決めることが重要で、必ずしもブランドや事業規模に頼ることが理想の家作りにつながる訳ではないことがわかります。

まとめ

一生の買い物で失敗しないためのハウスメーカー選びについて紹介しましたが、最終的には自分が何を優先したいかに尽きると言えます。

品質や技術は最高レベルでなくても、一定レベルに達していれば構わないという人もいるでしょう。それよりも安心できる企業に、将来に渡って保証やアフターフォローを期待するなら、ブランド力のある大手ハウスメーカーもおすすめです。

一方で、ゼロから自分のこだわりの詰まった家を作りたいのなら、地元密着の工務店や設計事務所もいいでしょう。地元の事情にも精通していて、きめ細かな対応も期待できます。

希望する条件をきちんと整理し、情報収集もした上で理想の家を叶えてくれるパートナー選びをしましょう。

この記事をシェアする