新築戸建が欲しい!失敗しない建売住宅の選び方

そろそろ新築戸建住宅が欲しいと考えている人は、戸建住宅が様々な形態で販売されていることを知り、どのように購入するか迷うこともあるでしょう。

建売住宅は不動産会社や建築会社が戸建住宅を建てて、土地とセットで販売する形態です。基本的には既に完成している住宅を購入することになりますが、これがメリットとデメリットを持ち合わせる理由でもあります。

注文住宅ともマンションとも違う、建売住宅を選ぶ時に抑えておきたいポイントやメリット、デメリットには何があるでしょうか。

建売住宅を選ぶメリット

建売住宅は建築会社や不動産会社などが、戸建住宅を建てて販売します。土地付きで販売されているため、購入する人は自分で土地探しや契約を行う手間が省けます。これは不動産や売買の経験の少ない一般の人にとっては、大きなメリットでしょう。

また戸建住宅は決して安い買い物ではありません。できれば少しでも手頃に購入したいと誰もが思っているはずですが、建売なら注文住宅を購入するよりも安く購入できます。

建売住宅は注文住宅で1棟ずつ建てる場合と違い、まとめて数棟を建てて販売するので建築資材をまとめて仕入れることができます。そのためスケールメリットが大きく、例えばほぼ同条件の土地に同程度の住宅を建てる場合、注文住宅より1000万円ほど安くなるケースもあります。

他にも完成した状態もしくは建築途中で購入するため、外観はもとより間取りや室内設備なども直接確認した上で購入できます。室内の動線や日当たりなどイメージ違いで後悔するリスクも低くなります。

また事務的手続きの面でも、差がでます。注文住宅は土地と建物はあくまで別にローン申請を行いますが、建売の場合は土地とセットで住宅を購入するのでローンの申請も一度で済みます。

他にも一般的にメリットとされる点はたくさんありますが、住宅に求める条件や理想は人それぞれです。建売住宅が自分の理想のマイホームとなるかどうかをじっくり検討しましょう。

建売住宅の購入で失敗しない土地の選び方

建売で住宅を購入する場合は、土地選びを自分でしません。知識の無い人にとっては土地付きで住宅を購入できるのはメリットでもありますが、地盤や接道状況を自分で確認したり選んだりする機会が無い点はデメリットとも言えます。

土地によってはもともと川や沼だったところを造成して住宅を建てる場合もあれば、山を切り開いて平地にして住宅を建てる場合もあります。宅地造成前に川や水田だった場所は地盤が弱い可能性もあります。

地震や災害のリスクを最低限にするためには、売主から地盤調査報告書の開示をしてもらうと良いでしょう。ただし素人が内容を理解するのは難しいので、売主の業者などにきちんと説明してもらうか専門家に相談しましょう。

また敷地と敷地に面する道路の接道状況も確認しておきましょう。道路に面する敷地が南向きの場合は日当たりがよいことから、同じ分譲地や団地内でも北向きの住宅より、価格が高く設定されています。ただし北向きでも窓の位置や庭の広さなどによっては、さほど日当たりを心配する必要がないケースもあるので、気に入った住宅と日当たり等の条件はきちんと確認しましょう。

日当たりが悪い住宅は比較的安く価格設定されていますが、雨などの湿気がこもりやすいため、外壁にカビが生えやすかったり、庭に苔やキノコが生えやすく維持管理やメンテナンスの出費がかかったりする可能性もあります。

将来的な土地計画についても確認すると安心

具体的に購入を検討している住宅があれば、入居してすぐではなく、長く住んだ場を想定し将来の土地計画も確認しておくと良いでしょう。例えば、土地の区画整理や新しい道路の新設の予定がある場合には、いずれ立ち退きを迫られる場合もあります。

そのような可能性や予定がある場合には、基本的には契約書に記載されているはずですが、土地計画は発案されてから実際に着手されるまでに数十年とかかる場合もあります。遠い将来も含めて、役所の都市計画課のような部署で確認することができますので、気になる場合は問い合わせてみましょう。

また住宅地には、景観を保つためや計画的な街づくりをするために、国や自治体が土地の利用法に制限を設けています。スーパーや美容室などの営業ができないようになっている場所もあります。自宅で開くネイルサロンのような個人事業の場合も、営業を行う許可がおりない場合や看板を出すことも禁止されるケースがあります。

そのような制限がある場合は、将来的に団地や分譲地内に買い物施設や公的施設などができないことになります。利便性や生活環境を左右する情報なので、確認しておくと安心です。

増築や建て替えの可能性があるなら建築工法も要確認

建売住宅では販売会社などによって既に建てられた住宅を購入するため、住宅の工法を自分で決めることはできません。一般的に戸建住宅の工法には「在来工法」と「2×4」工法があります。

注文住宅の場合、希望の工法を決めた上で工務店や施工会社を選びます。具体的なプランや実現したい間取りがある場合には、注文住宅の方が将来的に融通が利く場合もあります。
しかし建売住宅でも、それぞれの工法についてある程度の知識を持っていれば、選びやすくなります。

将来的に家族構成や健康状態に変化が出た場合、増築をする可能性があるなら在来工法で建てられた住宅の方がおすすめです。2×4工法は面で住宅を支えているため、後から壁を取り払って部屋を増設することができません。

一方2×4工法は地震や強風にも強く、高気密で高断熱な住宅を実現できるというメリットもあります。2×4工法はシステム化されていて、工期も短縮できるという点から、建売住宅に多く採用されます。

将来的に増設や建て替えの可能性も視野に、どちらの工法が良いか検討しましょう。

水道設備工事は別途かかることも

建売住宅を購入した場合、購入後に別途費用が発生することがあります。特に新しく宅地造成された土地の場合、水道引き込み工事の費用がかかることがあります。他にも水道納付金が別途請求されることもあります。

水道引き込み工事費は数十万円程度になることもあるので、事前に確認しておかなければ痛い出費となります。他にも外構工事費や建築確認申請手数料がかかる場合もあり、土地と建物の本体価格とは別に請求されるので注意が必要です。

購入時の金額以外にかかるこれらの費用を十分考慮し、また火災保険についても保険料が高額になりやすい地震保険を付帯するかどうかを含めて資金計画を立てるようにしましょう。

まとめ

新築戸建住宅を購入する際、建売住宅は価格が安い分品質の低い物件や欠陥住宅があるというマイナス情報を耳にし、不安になる人も多いでしょう。確かにこだわりを形にできる注文住宅と比べて、広く一般に受け入れられる無難なデザインや質の住宅が多い点は否めませんが、これをデメリットと考えるかどうかは、人によるでしょう。

失敗しないためにも自分の理想の住宅像と譲れないポイントを客観的に把握し、じっくり検討しましょう。

この記事をシェアする