新築戸建住宅を建てるなら水回りの動線にも気をつけよう

住宅の水回り設備と言えばキッチン、浴室、洗面所、トイレなどがあります。それぞれ排水や配管設備を伴い、一度作ってしまうと簡単に場所を変えることはできません。

これから新築で戸建住宅を購入するなら、事前に家のどこに配置するかを十分検討する必要があります。またどう配置するか、1階と2階のどちらにすべきかなどいろいろな検討材料があります。

住み始めてから後悔しない配置や動線とはどんなものでしょうか。

水回りの配置で家事を効率化!

戸建住宅はいろいろな設備や部屋から構成されています。寝室や子供部屋、リビング、ダイニングなど家族が過ごすための空間以外にも、浴室やキッチン、トイレ、洗面所のように特定の目的のための設備もあります。

家事の多くを引き受ける主婦は、一度に複数の家事を同時進行することで効率よく家事ができるよう工夫しています。例えば洗濯機を回している間に、朝食の準備をする。またキッチンで煮込み料理をしながら、急いで浴室の掃除をしてお湯を張る。キッチンで子供のお弁当を作りながら、登校の準備も手伝うなど、忙しい主婦ほど時間を有効に使うため、複数の家事を同時にこなすのは当然です。

そして主婦が家事を行う上で、最もいる時間の多いのが水回りの設備です。特に専業主婦なら、一日3食の食事を作るために、長い時間をキッチンで過ごす人もいます。

つまり水回り設備をどのように配置するかで、家事を効率よく楽に済ませることができます。例えばキッチンと洗濯機のある場所が離れていて、何枚もドアを通り複雑な動線になっていると、ちょっとキッチンから離れて洗濯機に洗濯ものを入れにいくのも躊躇われるかもしれません。

またキッチンで食事の準備をしながら、帰ってくる子供や旦那さんのためにお風呂の用意をしようと思っても、場所が離れているとキッチンが気になりキッチンの用事を済ませてからにしようと、後回しになることもあるでしょう。

水回り設備は、極力近い場所にまとめることで、家事もしやすく楽に進行できます。注文住宅で新築物件を購入するなら、間取りや設備の配置の重度が高いため、家事動線を意識した配置や間取りにできるよう、十分に検討しましょう。

水回りは1ヶ所に集めてコストカット!

注文住宅を購入する際に気にする間取りについて、よく水回りをできるだけ1ヶ所にまとめることを勧められる場合がありますが、これにはきちんとした理由があります。

水回り設備は、リビングや寝室などのように部屋や空間そのものが機能を持っているのではなく、洗面所であれば洗面台や排水菅、キッチンならシンクやコンロと併せて排水管設備、トイレの場合も便器と排水設備というように、空間の中に設備が設置されます。

それぞれに汚水を下水へ流すための配管や、きれいな水を供給するための管などが必要になるため、一度設置してしまうと簡単に場所を変えることはできません。

そのため間取りを決める際に、どう配置するかが重要になりますが、1ヶ所にまとめるメリットのひとつはコストカットできるという点です。配管設備の工事費用は大きなウェイトを占めるため、できるだけ場所を集中させることで全体の工事も比較的簡単にできます。

離れた場所に配置すると、配管設備も長くなり複雑化する他、生活を始めてから修理をする場合などにも、場所が離れていると詰まりや漏水などの原因箇所を探るのも大変になり、その分コストも余分にかかります。

1ヶ所に集中して配置することで効率よく家事が行えるというメリット以外にも、コストカットという嬉しいメリットがあることを認識した上で間取りを決めていきましょう。

意外と気になる排水音も配慮しよう

お風呂のシャワーやトイレの水洗など、生活する上で水回り設備を使用すれば、必ず音が伴います。洗濯機や食器洗い乾燥機など、使用する時間帯を工夫することで避けられる問題もありますが、トイレやシャワーなどは家族の生活スタイルや帰宅時間などによって、遅い時間や他の家族が寝たあとに使用するケースも考えられます。

戸建住宅を購入する際は、生活動線や間取りを気にする人は多くいますが、排水音や水を流す音の影響をきちんと考える人は少ないでしょう。実際によくある問題は、寝室とトイレが近く夜中にトイレを流す音で寝ている家族を起こしてしまうケースや、2階のトイレを流した際の配管を伝う水音が、1階の部屋にも響いてしまうケースなどです。

特にトイレや臭いや音が発生しやすい場所です。リビングやダイニングなどに近い場合も、食事をしている家族に気を使わなければなりません。来客の場合も、水を流す音が漏れ聞こえるのではと、家人に気を使わせてしまう可能性もあります。

他にも浴室のシャワーの音は2階の部屋にも響いてしまったり、食器洗い乾燥機の音が別の部屋にまで響いたりと、間取りと配置を意識しないとちょっとしたストレスの原因になるかもしれません。

2階に水回りを配置するメリットは?

2階に水回り設備を配置し、1階を有効活用した間取りの家もあり、リビングやダイニングを広く取ることができ、来客の際なども広々と使うことができます。狭小地に住宅を建てる場合などにも、やむなく1階と2階に分けてキッチンや洗面所、トイレを配置するケースもありますが、どんなメリットがあるでしょうか。

最も大きなメリットは風通しや採光の良さから、湿気がこもりにくくカビの発生リスクを抑えられる点です。特に洗面所や浴室は、きちんと換気をしていても湿気がこもります。すぐ隣に別の住宅が建っていて1階の陽当たりが悪い環境でも、2階なら明るく日当たりが良い場合が多いので、家全体を清潔に快適に保つことができそうです。

また2階に洗濯機スペースがあると、洗い終わったらそのままベランダで干すことができるので、家事の効率もよくなります。その場合は洗濯機のあるランドリースペースからベランダへの動線も考慮した間取りにしておくと良いでしょう。

一方でデメリットとなることもあります。キッチンや洗面所、トイレに浴室と全てを2階にまとめられる場合は良いですが、キッチンだけ1階というように分けて配置することになると、工事費も修理をする場合にも費用がかかる原因になります。

また若い内は1階と2階の行き来もさほど苦にはなりませんが、高齢になってくると生活の拠点が1階に集中します。また怪我などで足腰が弱った場合も、2階に上がらなければ家事をこなせないという状況が大きなデメリットとなる可能性もあります。

まとめ

これから戸建住宅を建てようと考えている人は、ぜひ家の中の排水音や家事動線を意識した水回りの配置を検討してみてください。風の通りやすい間取りや明かりを取り込みやすい間取り、子供や家族の様子を常に感じられる間取りなど、注文住宅を購入する場合は使いやすさや快適性を追求した配置を検討すると思います。

実際に生活を始めてみると、家族がそれぞればらばらの時間に活動していることも多く、トイレやお風呂を使う音など他の家族の動きが気になるケースも意外と多くあります。

間取りや設備の配置の仕方で、解消できる問題もたくさんあるので、家族全員が快適に過ごせる空間作りを検討してみて下さい。

この記事をシェアする