新築戸建を建てるなら建売住宅がおすすめ

新築戸建住宅の購入方法は様々ですが、注文住宅で憧れやこだわりを全て詰め込み憧れのマイホームを形にする人もいれば、分譲住宅や建売住宅のチラシを見て、外観や街並みを気に入り購入に至る人もいます。

一般的に注文住宅は、希望を全て叶えようとすると予算を大きくオーバーしがちですが、建売住宅なら希望予算の範囲内で探すことができ費用の目処を立てやすいという印象があります。

比較的スムーズに購入でき、購入の流れもわかりやすい傾向にありますが、具体的なメリットやデメリットにはどんなものがあるでしょうか。

建売住宅とは?

そもそも建売住宅はどのようなものでしょうか。戸建住宅を購入する方法は、一般的には注文住宅で建てる場合と建売住宅を購入する場合があります。

注文住宅は相続などで受け継いだ自分の土地や、希望の場所に新しく購入した土地に、ハウスメーカーや工務店に依頼して戸建住宅を建てます。土地を持っていない場合は別に購入する必要がありますが、使う建材や工法、外壁の色や間取り、室内設備に至るまでどんなものにするかを自分で決めることができます。

庭や駐車場をどの程度とるのか、また床のフローリングはどんな素材にするのかなども決められます。また子供部屋や夫婦の寝室など、部屋の用途や目的に応じて、壁紙や部屋のテイストを変えることも可能です。

一方、建売住宅は土地と建物がセットになった状態で販売されています。既に完成している物件、もしくは建築途中であっても設計や工期などが予め決定している状況の中で購入します。そのため、外観も内装も完成図が分かっているため、入居後のイメージが簡単です。

注文住宅は戸建住宅やマイホームに強いこだわりなどがあり、実現したいデザインや取り入れたい建材、設備などがある場合には自分の希望を形にしやすいメリットがあります。当然、希望を全て叶えようとすれば多くの費用がかかります。そのため注文住宅で建てた住宅は高くなる傾向にあります。

費用の面では、同じような広さ、設備の住宅を購入すると想定した場合、建売住宅は注文で建てるよりも安く購入できます。また自分で細部まで考えなくても住宅を購入できる点や、土地を自分で探して購入する手間も不要で、予め内装や外観を見て十分に吟味してから購入できるというメリットもあります。

既に完成していることがほとんどで、周囲の景色や家との調和のとれた一般的な外観で建てられることがほとんどなので、入居してから周りの住宅や街並みとテイストが違いすぎるという心配もありません。

どちらも戸建住宅という家族の夢を叶えられます。一般的にデメリットの多いイメージのある建売住宅ですが、どこにこだわりや譲れないポイントを見出すかによって建売の方が合っている場合も多いはずです。

複数軒数を建てるため費用を抑えられる

戸建住宅は、多額のローンを組んで購入するのが普通です。そのため毎月の返済の負担を少しでも減らすため、貯蓄をして貯めた現金を頭金として入金するのが一般的です。

しかし若い世代では数百万円の頭金を用意することは難しい人も多く、できるだけ住宅購入にかかる総額を少なくしたいと思うのも当然です。建売で販売される住宅は注文住宅を購入するよりも安く購入できる場合がほとんどです。

建売されている住宅のほとんどは、数棟から数十棟でまとめて建てられます。また街並みや景観を新しく作るように同じ雰囲気、テイストに揃えられているため、使われている建材や資材、住宅設備なども同じものを仕入れることができます。

まとめて仕入れることでスケールメリットが出るため、全体の建築費用を抑えることができます。他にも購入費用を抑えられる理由があります。

注文住宅の場合は、土地はもともと持っている土地に建てるか、新しく購入する必要があります。一方、建売の場合は住宅を建てる業者が土地を購入し、そこに住宅を建てて販売しますが、広い土地を一括で購入して、何区画かに分けて販売するのが通常です。

そのため個人で購入するには広すぎて買い手がつかない土地も多く、そもそも仲介市場に出ていない土地もあります。また一般的には仲介価格よりも業者買取価格の方が安く売買されるため、安く土地を仕入れているケースもあります。

このように土地も建物も価格を抑えられることで、全体の購入価格も安くなりますが、工期が短くできること、注文住宅と比較して圧倒的に人件費が抑えられることなども大きな理由です。

注文住宅のように1人の施主のために、一から要望を聞き必要に応じてその都度、打ち合わせをすることはありません。メーカーや不動産業者の決めた工期、建築デザインでどんどん建てられます。

隣接した土地に数棟から十数棟ずつ建設と販売を繰り返し、購入者が決まることで新たに建築するための資金を得るという流れで作られるため、ひとつの現場でまとめて数棟の工事ができます。

大工さんも違う現場で注文住宅を数棟請け負うことは難しい場合もありますが、隣接した現場であれば移動の必要もないため数棟をまとめて手掛けることができ、重機も1台を稼働させ複数の現場を掛け持ちすることが可能になります。

このように注文住宅と比べると、安く購入できることが多いため何となく品質が悪いと考えている人もいますが、実際には安くできる理由がたくさんあります。

注文住宅の場合より住宅ローンの申請が簡単

一戸建ての購入は、ほとんどの人にとって人生で最も高い買い物です。現金で一括で購入できる人はごく少数です。多くの人はローンを組んで購入することになりますが、ローン契約は住宅購入で初めて経験するという人も多く、契約の流れや一般的な知識も乏しい中で説明を聞きながら行う場合が多いでしょう。

先にも述べたように注文住宅を建てる際は、もともと持っている土地に建てることもありますが、住宅購入に合わせて土地を購入するケースもあります。建売の場合は土地と建物がセットになっていますが、注文住宅の場合、土地は予め仲介業者などを通じて購入するか住宅を建てるメーカーなどに依頼、相談して取得します。

土地を別で購入する際は、当然そのための手付金や購入にかかる代金が必要です。住宅を建てるための土地とは言え、住宅ローンは物件を担保にお金を借りる仕組みのため、土地の購入時には住宅ローンの契約はできません。

仮に土地購入は自己資金で賄うことができたとしても、住宅ローンを組めるのは物件が完成してからです。しかし住宅を建てるためには資材の購入、人件費とお金がかかります。

通常は、注文住宅の建築請負契約時や着工時、上棟の際など何回かに分けて分割してお金を支払うのですが、その都度工事の総費用の1割から3割のお金を支払うことになります。ここまでの費用を自己資金で賄うのはさすがに大変なので、住宅ローンを組むまでの間、つなぎ融資という別のローンを契約するのが一般的です。

一方建売で購入する際は、土地と建物をセットで購入するので、土地取得のための自己資金やつなぎ融資の必要もありません。さらに、物件は既に完成していることがほとんどなので、ローンの申請や契約手続きにすぐ進むことができ、事務手続きそのものがシンプルです。

建売住宅のデメリットも考慮しよう

建売住宅を購入するメリットはたくさんあります。使える自己資金やかけられる予算、入居時期や住みたいエリア、希望の外観デザインなど抑えたい条件やポイントは様々ありますが、総合的に見ていくと、建売されている物件は広く一般的に受け入れられるための条件を備えていると言えます。

販売業者は既に土地を購入し、物件も建てているため売れずに在庫になることは最も避けたいため、必然的に多くの人に好まれるものになります。これをデメリットと考える人も当然いますが、意外と多くの人が住宅購入に対しては強いこだわりがある訳ではなく、またたくさんの自己資金を用意できないという事情も持っています。

そのような人には建売住宅はぜひおすすめする購入方法ですが、デメリットや予めチェックしておくことで後悔や失敗のリスクを減らすことも大切です。

その一つに建物が建っている土地の地盤についてです。宅地として新しく造成された場所に住宅を建てていることも多いのですが、造成前に田んぼや沼のような場所だった土地は、一般的に地盤が弱い傾向にあります。心配な場合は、地盤調査の報告を見せてもらい不安を解消しておくと良いでしょう。

次に入居してからのトラブルに対するアフターフォローもしっかり確認しておきましょう。入居して数年経った頃に、少しずつトラブルや故障などが発生することがあります。入居して数年程度なら、まだ程度も内容も軽微ですが、販売業者によって保証の範囲や年数が異なります。

入居後に起こりやすいトラブルや故障などを、予め調べて保証の範囲内かどうかを確認することで、不安を解消できる場合もあります。また、夜の環境も購入前にチェックしておきたいところです。

物件の内覧や周辺環境の確認は、日中に行うことが多いと思いますが、暗くなった時の雰囲気や明るさも確認しておきましょう。特に子供が通学に使う可能性のあるルートは確認しておくと安心でしょう。

まとめ

注文で夢のマイホームを建てるのも、建売で購入するのもどちらも、長年の夢を叶える手段です。オリジナリティを追求するなら注文住宅でなければ、実現できないものもたくさんありますが、大きなこだわりが無い人にとっては建売で住宅を取得することにはたくさんのメリットがあり、おすすめの方法と言えます。

もちろん他の家とデザインやテイストが似たり寄ったりになりますが、自分の家そのものが街並みや景観を作っているひとつの要素になります。長く生活していくと、その街の雰囲気そのものが自分の中に定着し、マイホームとなっていくものです。

建売で購入することのメリットもデメリットも知り、自分がマイホームに求めるポイントともすり合わせることが、失敗や後悔をしないためにもとても重要です。

この記事をシェアする