新築戸建物件を購入してから後悔しないために!ベランダの作り方について

ベランダは特別なこだわりや希望の使い方がなければ、ひとまずは洗濯物や布団を干す場所として、とりあえずつけておこうと考える人が多い部分です。ところが実際に生活を始めてみると、意外に需要があることに気づき、もっとよく考えておくべきだったと後悔することがあります。逆に一応作ったものの、あまり使うことも無く枯れ葉やゴミのたまり場になることも。

そんな失敗をしないために、住宅を購入する場合は本当に必要な設備か、またどう使うかをよく検討する必要がありそうです。

 

ベランダとバルコニーは違う?

ベランダもバルコニーも住宅の外側に設けられているものですが、両者は基本的に別のものです。ベランダは建物の外側に作られた屋根付きのスペースで、人が歩けるほどの広さがあるものです。

必ずしも建物の2階以上に作られるとは限らず、日本風家屋の縁側のように1階でも屋根付きのスペースであればベランダと呼ばれます。

一方バルコニーは建物の外側に張り出して作られている点では同じですが、屋根が無く手すりを設けたスペースを指します。比較的広いサイズに設計される場合もありますが、両者の決定的な違いは屋根の有無です。

マイホームを購入する上では、ほとんどの人が洗濯物や布団を干すスペースの他、サンルームのように日光のよく当たる場所を作り、外でゆったりとした時間を過ごす場所として作ります。

 

戸建物件のベランダの必要性とは?

そもそもベランダは、洗濯物や布団、シーツなどの大型リネンを干す場所というのが大きな目的で設けられます。その他にも大きさに余裕があれば、プランターを置いて簡易的なガーデニングやハーブガーデンなどを楽しむこともできます。

テーブルを置いて、外の空気に触れながらお茶や軽食を楽しむのもいいかもしれません。しかしそもそも外に洗濯物を干したくない人や、庭に洗濯物や布団を干す人にとっては、必要性はあまり感じられません。ガーデニングや外でのお茶も、戸建住宅なら庭でも十分目的は果たせそうです。

もしすっきりとした真四角な外観デザインを希望するなら、敢えて設置せずにその機能をカバーできる他の設備を導入すれば良いでしょう。しかし外観デザインに強いこだわりも無く、多くの家についている物だから何となくつけておこうと考えるなら、本当に必要か、何に使いそうかを考え、それに見合った大きさに作ってもらうようにしましょう。

安易にとりあえず作ってしまうと、せっかく使いたいと思った時に、使い勝手が悪く後悔しかねません。

 

シンプルデザイン重視の場合は要注意!屋根や庇の重要性

とにかくシンプルに、余計なものをそぎ落とした無機質な外観にしたい場合、出っ張りがどうしても気になってしまうことがあります。

また海外の住宅のように敢えて総二階の外観にしたい場合なども、屋根や庇さえも悩みの種になります。長く生活し、家族全員が帰ってくる大切なマイホームですから、本人たちが納得できる家作りをすることが最も優先されるべきですが、屋根や庇が無いまたは短いことによるデメリットはよく知っておく必要があります。

屋根や庇が不十分な外観の場合、洗濯物を干す場所を工夫する必要があります。庭に干す場合は、外から丸見えになってしまうので下着などを干すのは躊躇われます。また小さな子供がいる場合、夏にプール遊びをさせる機会もあります。こちらも庭の構造や生垣の高さによっては、外を歩く人から見えてしまいます。

そんな場合目隠し効果もあるベランダが有効なのですが、シンプルで無機質な外観を優先したい場合、これらをカバーできる機能を別に備えておく必要があります。

例えばランドリールームを作り、洗濯物を洗って干す、たたむを1ヶ所で済ませる場所があれば、家事の効率もアップします。同じ場所にクローゼットも併設して、畳んだ後の洗濯物をある程度収納できればより良いでしょう。

また最近は高気密、高断熱の省エネルギー住宅も増えました。このような家は湿気がたまりにくいため、洗濯物を乾燥させるのには打ってつけです。一般的に室内干しは乾きにくく乾燥までに時間がかかるため、雑菌が繁殖し生乾きの臭いが出ますが、ランドリールームを上手く利用すれば必ずしもベランダを作る必要性はなさそうです。

しかし庇が無いことによって雨の日の外出時は、玄関ドアを開けたら即外になるため、家の中から傘の準備が必要になる他、夏の直射日光が庇が無いことによってダイレクトに室内に届き、部屋が暑くなりやすいなど、ある程度の不便は覚悟しておく必要があります。

 

家族構成や用途を考えて大きさを決めよう

先にも述べたように、マイホームにベランダを作るなら、使用目的や家族構成を考慮したサイズにしましょう。洗濯物や布団を干すだけなら、人が一人歩ける程度の幅があれば十分ですが、生活を始めてみてからその重要性に気づくこともあります。

使用する目的は、家庭によってまちまちです。洗濯物を干す場所としてだけでなく、ガーデニングやハーブガーデン、お茶や食事をする場所としても使えます。

洗濯物を干すなら、どんな物を干すのか、量も考えておきます。物干し竿やハンガーを広げた場合を考えると、奥行き90から120センチは確保しておきたいところです。

またガーデニングを楽しみたい場合、ガーデニング専用にするのか洗濯物を干すスペースも兼ねるのか、また植物の量や背丈も考慮し、洗濯物も干し、ガーデンスペースもある程度確保したいなら、奥行き100から120センチ程度あると安心です。

さらに食事を楽しめるようにするなら、具体的な使用人数もある程度は想定した上でサイズを決めましょう。何も無いスペースは広いと思いがちですが、テーブルや椅子を置くと思いのほか狭く感じるものです。

夫婦2人で食事をするのか、子供を含む家族4人なのか、また祖父母や友人が加わることもあるのか、ざっくりでも良いので使用人数を決めておきましょう。ある程度の人数での利用を想定し、広めに作るなら150センチ程度、もしくはそれ以上の奥行を確保しておくと良いでしょう。

 

意外と汚れやすいベランダには水栓があると便利

使用目的や人数が決まった後は、管理やメンテナンスの重要性も知っておきましょう。ベランダは屋根があるとは言え、ほとんど外と同じです。黄砂や花粉の時期には、床を黄色く汚し、紅葉の季節には風で舞った落ち葉が飛んできて溜まります。

きちんときれいに保つためには水栓を付けて、ホースで流せるようになっていると便利です。特に2階にトイレ以外の水回り設備の無い間取りの場合、1階のキッチンや洗面所から水を運ばなければなりません。

水洗以外にも子供の遊び場として使う場合には、蛇口と小さめの手洗いボウルがあると便利です。他には例えばDIYを楽しむ場合や、高圧洗浄機を使いたい場合など、コンセントがあると便利なケースもあるので、どんな使い方をするのかを意識して設備を整えましょう。

まとめ

ベランダは自分の使用目的に合ったサイズでなければ、広すぎても狭すぎても不便で使いにくいものになります。何となく広い方が良いと思っても、洗濯物を干す以外に用途がなければ、管理や掃除だけが大変になります。

逆に洗濯物を干すだけにしても、狭すぎると置ける物干し竿も限られ、特にダブルサイズなど大きい布団やシーツを干すのが大変です。奥行が無い場合も、植物を置くには十分でも洗濯物を干すとなると、作業がしにくいだけでなく、窓の外側に洗濯物が当り汚れてしまいます。

これからマイホームを検討するなら、ぜひ具体的な使用目的を考えて、快適で使い勝手の良い空間を作りましょう。

この記事をシェアする