後悔しない新築戸建物件の窓の位置やサイズは?

マイホームは一生に一度の買い物と言うように、長年に渡ってローン返済をするのが一般的で、マイホーム取得のため節約に仕事にと頑張る人もたくさんいます。

将来を見据え、終の棲家として購入する人も多いだけに、失敗や後悔はしたくありません。多くの人が検討を重ね時間をかけるのは、間取りや収納、キッチンなどの水回り部分です。

逆にイメージは決まっていても、具体的にどう選んで良いか悩むのが外観です。そして外観を決める要素のひとつは窓です。どのようなポイントで選び、どこにどう配置すると良いでしょうか。役割と効果を知ることでわかります。

窓の役割や重要性について

戸建住宅だけでなくマンションや外観デザインを最優先に設計した住宅であっても、窓の無い家はありません。それだけ人が生活する住宅には欠かせない住宅設備のひとつですが、戸建住宅にとってどのような役割や性能を持ったものなのかを意識している人は少ないでしょう。

改めてその役割を考えてみると、日光を取り込み、室内を明るくする採光、また外気を取り込み室内の淀んだ空気や埃などを外へ逃がす換気の役割などが大きな役割です。

他にも外の景色を確保することで、部屋の中に自然や緑を取り込む効果、住宅の外観を決めるデザインのひとつとしての役割などがあります。さらに防犯性能や断熱、機密性能など、快適な住環境や家の性能を高める効果もたくさんあります。

そして採光と防犯、換気と機密性の確保など、実は相反する役割と性能を併せ持つ重要な住宅設備でもあります。さらに実は壁よりも、外からの熱の出入りが大きい部分です。

夏は外の熱気が、冬は冷気が出入りしやすく、部屋の温度を変化させる原因になるため、適切な場所に配置することで部屋の温度差を小さくし、エアコンの使用を最小限に抑える省エネ効果もあります。

最近では省エネへの意識の高まりから、ペアガラスなど断熱性能の高いものを採用する人も増えてきましたが、それでもまだキッチンや内装ほどにじっくりと検討する人は少ないでしょう。

また窓はガラスと枠となるアルミで構成されますが、それぞれの素材がより断熱性能の高い品質へと飛躍的に進歩し、選択肢も種類もとても豊富になっています。

このように快適な住空間を実現するために重要な役割があること、また高性能な商品や種類があることを知り、マイホームに最適なものを吟味するようにしましょう。

いろいろな窓のタイプと特徴は?

ひとくちに窓と言っても様々なサイズ、形、種類があり性能や役割が異なります。またそれぞれにメリットやデメリットがあるため、配置する部屋や場所に応じてうまく使い分ける必要があります。

先に紹介したように室内を快適に保つためにも、重要な役割を持つ住宅設備なのでそれぞれの特徴を踏まえた上で、各部屋の利用目的とも照らし合わせて配置することで、夏はより涼しく冬はより温かい部屋にできます。また配置次第で外の空気を家の中に取り込み、循環させることができます。

日本の住宅に採用されるタイプで多く使われるのは、引き違いタイプです。多くの住宅で使われるために費用を抑えられる点も人気です。このタイプは2枚のガラスを左右にスライドさせて開閉するもので、開閉幅を調節しやすいというメリットがあります。

またレールにはめ込んで横方法にスライドさせるため、室内や外に開閉するスペースを考慮する必要がなく、インテリアやデザインの面で自由度が高いのも人気の理由です。

次に引き違いタイプを90度回転させた向きで配置するのが、上げ下げタイプです。2枚のガラスを上下にスライドさせて開閉させるタイプで、取り入れるサイズによっては人が出入りすることができないので、防犯性能に優れたタイプです。デメリットとしては開閉にコツが必要な場合がある点、外側のガラス面の掃除がしにくいことがあります。

他にはすべり出しタイプもあり、縦型、横型があります。縦のすべり出しタイプは外の空気を取り込みやすいというメリットと、開放時に雨が降ると室内側のガラス面も濡れてしまうデメリットがあります。

水回りの換気のために取り付けられることの多い倒し窓もあります。内側に倒すタイプは開放時も、外から室内が見えにくく、内側に開くことから隣家との距離が近い場合や、エクステリアなど家の外に障がいとなる物がある場合にも有効です。

一方で開放時は、雨がダイレクトに室内に入り込みます。またカーテンも取り付けにくいというデメリットがあります。

デザイン性、機能面でも解放感があり、外観や見た目にもこだわりのある住空間を演出したい場合に有効なのが、両開きタイプです。全面が開くため解放感を得られるのと同時に、引き違いタイプよりも気密性が高いというメリットがあります。

一方で開閉幅が大きいため小さな子供がいる場合には、安全面や防犯を考慮しストッパーを付ける必要があります。

家具の配置イメージや近隣との位置関係も考慮しよう

注文住宅でマイホーム購入を検討しているなら、外観も内装も自分好みで使い勝手の良いものにする工夫ができます。間取りや置きたい家具を考えると同時に窓の配置やサイズも検討するようにします。

部屋の使用目的や家族構成によって、置く家具のタイプもサイズも異なります。お気に入りの家具や木製の家具を置きたい場合、南側の部屋など強い日光が入り込む部屋では、家具に直射日光があたり退色や劣化の原因になることもあります。

同様に床材を傷める場合もあるので、日光の当たる部屋にフローリングを敷く場合も、掃き出しタイプではなく腰高の高さにしたり、カーペットやラグなどで保護したりといった工夫が必要です。

また風通しのために小窓をつけたものの、下に家具や洗濯機などを置いたことで開閉しづらく、結局あまり開けることのないものになる失敗例や、寝室と隣家の浴室などが向かい合っているなど、極めてプライベートな部屋同時が近い距離にあることでお互い開けづらくなる失敗例もあります。

理想は大きなリビング窓!でも注意点もある

窓には様々な種類があることを紹介しましたが、採用する種類もさることながら、室内の家具のサイズや配置も注意したいポイントです。特に家族の集まるリビングでは、大きな窓を採用し解放感のある空間を演出したいと考える人も多いでしょう。庭や外の景色を近くに感じられるメリットもあります。

しかしリビングのどこにどんな家具を置くのかを先に考えておかなければ、家具を置く場所が無くなる失敗もあります。また南向きに面している場合、太陽の高い時間帯は室内に日光が多く入り込み、テレビが見にくくなるということもあるので、コンセントやテレビのアンテナを引き込む場所なども考慮する必要があります。

あくまでも毎日生活するのは、室内です。室内レイアウトや動線も、日常生活を送る上ではとても重要です。外観ありきではなく、実現したい間取りや生活スタイルを先に考えてから、風通しや採光しやすい配置を考えると失敗や後悔の少ない家作りができます。

まとめ

住宅にはあって当たり前と思われている窓には、たくさんの重要な役割があると同時に、家の品質を長持ちさせ快適性を高めるタイプの商品があります。安易に価格や形だけで導入せず、部屋の目的と風の流れを考えた上で、配置や種類を決めることが、入居後の失敗リスクを減らすコツです。

全てにおいて満足の行くマイホームを作ることは、意外と難しいものですが、だからこそこれまで目を向けていなかった部分にも目を向け、その役割と効果を知ることがとても大切です。

この記事をシェアする