新築戸建を買う前に知りたい!分譲住宅にありがちなトラブルとは?

分譲住宅は間取りや外観、内装が決まっているからこそ、そこでの生活をイメージしやすく、自分の希望に合う物件を選びやすいのがメリットです。一度購入すれば賃貸物件と違い、気に入らないからといって簡単に住み替えることはできません。

しかし注文住宅と違い、一から自分の希望や好みを反映することができないため、求める条件や譲れない点をはっきりさせ、逆に別のもので代替できるものはきっぱりと妥協したり諦めたりする決断も必要です。

そのためには自分が求める住宅に必要な条件や、気を付けるべき点を把握した上で物件選びをしなくてはなりません。知っておきたい特徴や後悔しないために注意すべきことには何があるでしょうか。

分譲住宅を選ぶメリットは?

新築戸建物件を購入する方法には、間取りや使う建材、工法から内装設備に至るまで、建築士などのアドバイスを受けながら一から自分で決めていく方法と、建築会社や販売会社によって既に分譲地に建てられた住宅を選んで購入する方法があります。

注文住宅では土地も自分で探す必要がありますが、分譲住宅は土地付きで完成した物件を購入できるため、手間が省け最低限の知識でも希望に近い戸建住宅を手にできるというメリットがあります。

細かな希望やこだわりが無い場合にはおすすめの購入方法と言えますが、他にもたくさんのメリットがあります。ひとつには注文住宅と比較して安く購入できる点です。

戸建分譲向けに建てられる住宅は1棟だけ建てられることはなく、広い土地を造成して数棟から多い場合には100棟単位の住宅が建てられるため、まとめて建築資材を仕入れることでスケールメリットが発生します。また注文住宅と違い購入者との詳細な打ち合わせも必要ないため、人件費も削減できます。

そして注文住宅を大きく異なる点は、既に完成した状態の物件を購入するので、間取りや収納スペースの量、室内設備に至るまで全てを自分の目で確認してから購入できる点です。特に日当たりや収納スペース、生活動線などは入居してからの生活環境を左右するので、予め確認して納得した上で決められる点は大きなメリットでしょう。

そして意外なメリットとしては利便性の高い物件が多い点です。特にたくさんの棟数が建つ分譲地は、山や畑だった土地を販売会社などが購入し、住宅を建てて販売します。

郊外や街から外れた場所に建てられることも多いのですが、大型の団地となると一緒に学校や病院ができることもあり、同時に大型のショッピングモールなどが誘致される場合もあります。

またバスの路線が増設させるなどインフラも整備され、ひとつの街が作り上げられるため、利便性の良い場所に住宅を購入できる可能性もあります。

分譲住宅にデメリットはある?

費用面や手間という観点では分譲住宅にはたくさんのメリットがありますが、知っておきたいデメリットもあります。前提として、外観デザインや建物と庭の広さ、内装設備は自分の希望通りにはできません。

また分譲住宅は先に土地を購入して住宅を建設しながら、購入者を募集します。そのため販売会社は、建てた住宅が在庫となり売れ残ることを避けるため、不特定多数の人に受け入れられる一般的な外観や間取りの住宅になります。
こだわりたい部分や細かな希望がある人にとっては、それが反映できない点はデメリットと言えます。

譲れない条件の優劣を明確にするべき!

分譲住宅のデメリットは注文住宅のように、自分の希望やこだわりが反映できない点です。外観や間取り、内装などが既に決まっていて、見た目を決定づける外壁や屋根の色なども自分で指定することはありません。

そのためいろいろな物件を見学して回り、希望にあう住宅を探す作業が大切になりますが、内見する際に確認したい条件をピックアップすることが何より重要です。

簡単に住み替得る訳にはいかないため、購入してから後悔しないためにも、自分にとって譲れない条件に優先順位をつけておきましょう。何となく見学を繰り返し、立地や予算などの条件だけで何となく購入を決めてしまうと、実際に生活を始めてから後悔することになります。

優先したい条件を把握できていないと、決め手に欠けると思いながらも購入を見送るほどの理由が無ければ何となく購入を決めてしまいがちなので、例えば間取りや駐車できる台数、収納スペースや室内設備のスペックなど、10項目程度は確認したい点を挙げておきます。

その上で内見する際に、どの程度自分の希望を叶えられているかを徹底的に比較していきます。いろいろな物件を見ていく内、完全に希望に合致するものは存在しないこともわかり、条件の優劣もつけやすくなります。

またポイントを絞って比較検討することで、きちんと自分で決めたという自覚が生れます。最善の選択をしたという自覚を持って購入を決めることが、後から後悔しないために必要です。

近隣との3大トラブルを事前に知っておこう

大きな土地を区分けしたところに住宅を建てて販売される分譲地では、自分の家の両隣やすぐ真裏にも住宅が隣接することになります。そのため、最低限のマナーや知識を持っていないと、知らず知らずの内にトラブルに発展しまうこともあります。

初めて戸建住宅を持つ場合や賃貸アパート住まいなどで、近隣とのお付き合いの経験の無い人はぜひトラブル事例を知り、未然にトラブルを回避しましょう。

まずよくあるトラブル例は植木や植栽のはみ出しです。伸び放題になった木の枝が隣の住宅の庭などにはみ出し、邪魔になる場合があります。

特に分譲住宅ではもともと街づくりの一環で、庭木シンボルとなる木が植えられているケースもあります。分譲地や新しく造成された土地が多いので、もともとの土壌そのものにはさほど養分がなく、初めの数年は木の成長もゆっくりですが、何年か経つと土壌が豊富になりめきめきと伸び始めることもあります。

立派な木の枝は高枝切りハサミでなければ切れないことも多く、各住宅で管理をする必要があります。また枝のはみ出しだけでなく、秋には落ち葉がたくさん落ち、木枯らしによって巻き上げられ隣の庭を汚してしまうこともあります。落葉の多い季節には毎日落ち葉を拾い、庭をきれいに保つのも大変ですし、虫が発生し近隣の庭の植物を枯らしてしまうことも考えられます。

ふたつめにはペットの鳴き声や糞のトラブルです。犬が鳴くのは当然ですが、夜遅い時間に鳴いたり、訪問者が来る度に激しく吠えたりする場合もあります。留守にしている間など、自分の知らない内に近隣に迷惑をかけているケースもあります。

ペットの糞の処理も同様で、庭で遊ばせたあとには必ず糞などを確認しておかないと、においの原因にもなります。ペットの排せつや鳴き声はいずれもしつけ次第で、近隣への迷惑は最低限にできます。

3つ目に、意外なトラブル事例として子供が原因のトラブルがあります。分譲住宅地にはいろんな人が住んでいますが、同時期に入居を開始している人も多く、近所に同年代の子供が多くいて、住宅内や団地内で遊ぶ光景も見かけます。

よその子供が自分の住宅の敷地内や駐車場に入りこんで遊ぶことをよく思わない人も多くいます。庭や駐車場に鉢植えや大切な植木を育てている家もあり、遊んでいる内に鉢などを割ってしまうトラブルやボールで車や植栽を傷つけてしまうトラブルも聞きます。

子供を外で遊ばせる時には親子間できちんとルールを作り、守らせることも大切です。

着工後に間取りの変更や増設はできる?

分譲住宅は自分の好みの間取りやデザインを取り入れることは難しく、基本的には建設会社や販売会社の決めた建築スケジュールに則って、決まった物件が建てられていきます。

購入を希望する際は、完成した物件もしくは完成予定の物件の中から希望の住宅選ぶことになりますが、例えばコンセントの増設や高さを変えてほしい場合、床材などの建材をグレードアップしたいと思うことも出てくるでしょう。

注文住宅なら素材から色まで全てを自分の希望で建てることができる一方で、どうしても費用がかかるデメリットがあります。分譲向けに完成している住宅ではあれこれ悩む時間や手間を省ける反面、全てが自分の希望通りの物件は見つからないという現実もあります。
仮に工事着工後に、購入を約束の上で間取りや建材の変更、設備の増設をすることはできるのでしょうか。現実にはほぼ不可能と言わざるを得ないでしょう。

というのも物件を建てる場合には、工事を始める前に建築許可を取る必要があります。建築基準法に沿わない違法建築物件が建つことを避けるためですが、許可が下りたあとに申請内容を変えるためには、再度許可を取り直す必要があります。

しかし当然これには費用がかかる上、販売計画にも遅れが生じる原因になるため、建設会社も販売会社ともに間取り変更や設備の増設は受付けていないようです。

まとめ

新築戸建住宅はマイホームを検討している人なら、誰でも憧れますが人生で一度きりの可能性が高い大きな買い物になるので、絶対に失敗はしたくありません。注文住宅にするか分譲住宅にするかという点も、悩ましいポイントですが分譲住宅にもたくさんのメリットがあります。

しかし1区画ごとに分譲されて販売されている住宅ならではのトラブルや悩みもあります。大半はトラブル事例を知り、対策を講じることで解決できるものなので、それ自体はデメリットではありません。

本当に後悔しない住宅を手にするために、メリットもデメリットも、また自分が譲れないポイントは何かを見極めて、じっくり検討しましょう。

この記事をシェアする