新築戸建てを購入する際の注意点とは?

新築の戸建には、注文住宅と建売住宅とがあります。注文住宅とは、購入者の希望に叶ったものを、何もないところに一から作る住宅のことで、工務店や設計事務所などに、直接、住宅の設計からお願いして作ってもらう住宅のことです。いわゆるオーダーメイドの、住む人に合った住宅ということですが、もちろん、小さい住宅でもそれなりに高価なものになります。

就職活動用のスーツなどを買ったことがある人は思い出してみてください。自分の体を測ってもらって、それに合わせて作ったスーツより、店頭に売っている既製品、いわゆる「吊るし」のスーツのほうが安いということを。いわゆる、その住宅の「吊るし」にあたるのが、建売住宅です。

新築戸建(建売住宅)とは?

住宅の「吊るし」、建売住宅は、大抵はすでにその土地に建てられていることが多いです。分譲された宅地に、まだ買い手も決まらないままに先に住宅を建て、売ることもあります。すでに建物ができあがっているので、注文住宅に比べると契約してから入居するまでが早くて済みます。

また、似たようなデザインの、同じ工法と材料を使った住宅を大量に建てるので、建材などの材料を一括で大量発注できると言います。そのおかげでコストが安く済んでいるため、素材にこだわる注文住宅よりもお手軽に購入できるのです。土地を探してから住宅を建てる場合、ひとつひとつの大きな買い物の手続きが別々で行われるので、大変面倒くさいですが、建売の場合、すでにある土地の上に建てられた家を買うので、その手続きがいっぺんに可能です。

そういう点を考えると、建売住宅は、土地を所有していないけれど、家を購入したいという人向けと言えるでしょう。

新築戸建(建売住宅)の購入の流れ

建売住宅を購入する場合は、まず売主に購入申し込みを行います。すると不動産売買契約の契約書が、手元に届きます。とにかく、安くない買い物です。契約書を斜め読みせず、しっかりと隅から隅まで読んで理解したほうが賢明です。契約後、何かが違うと思って、解約した場合、手付金も戻ってきませんし、違約金をとられる可能性もあるからです。それと同時に家を買うためのローンの申し込みもしてください。

もし、自分の銀行に家と土地を買うだけの預金があるならば、ローンの必要もありませんが、なかなかそんな人はいませんよね。ローンの審査が通ったら、売主との契約を済ませましょう。その際、契約書に貼る印紙を忘れないでくださいね。
契約と同時に手付金を払います。そして、契約書に署名、捺印をしたら、購入完了です。

その後、内覧を行って、傷や汚れがないか、契約書の通りかどうかを確認して、OKならば手付金以外の残金を払い込めば、その家はもうあなたのものです。引き渡しの後、入居し、家の所有権を所有する登記を行いましょう。しっかりと登記しておかないと、自分の不動産なのにその権利が主張できず、後々、トラブルの元になることもあります。

新築戸建(建売住宅)購入の注意点

購入する前に、まず家の場所や住みやすさを確認してください。まず駅までのアクセス。あなたやあなたの家族が通勤、通学するのに不便すぎたりはしないでしょうか。また周りに買い物をするところはありますか?学校や病院、役所といった施設が遠すぎない、適当なところにありますか。開発されたばかりの田園や山、森林の真ん中を開発した住宅地となると、そうした施設までが遠いということがままあります。住宅地のために食料品などを調達できるスーパーが設置されることはよくありますが、学校や病院や役所となるとそう簡単ではありません。

もう1点の注意点は購入する家に足りているもの、足りていないものを確認することです。建売住宅には、本来の注文住宅ならばついているはずのあれやこれがなかったりします。例えば、バルコニーの屋根。洗濯物を干すために重要な場所ですが、日当たりが良くてもバルコニーに屋根がなければ、突然の雨などで洗濯物はびしょ濡れです。

屋根と言えば駐車スペース。こちらにも屋根のないことがあります。自動車の劣化の原因にもなるので、駐車スペースには屋根が欲しいところ。テレビのアンテナ、エアコンの排気ダクトを通す穴、網戸、雨戸などなど。必要なものは全部あるか、確認しておかないと、住んでから困ることになります。

まとめ

注文住宅を建てようとすると、業者との打ち合わせに膨大な時間を奪われます。それだけこだわりを取り入れてもらうためには必要なことではありますが、それでも面倒です。自分の土地があればいいですが、ない場合は、土地を探すところから始めなくてはいけません。自分の住みたい場所に、お手頃な土地があるとは限りません。

場合によっては土地を探して、東奔西走しなくてはならないかもしれないのです。それでも自分の家が欲しい。そんな時に建売住宅ならば、時間をお金も節約できるのです。

この記事をシェアする