新築戸建を持ちたい!分譲住宅はどんな人におすすめ?

新築戸建住宅を購入する方法は、大きく分譲住宅と注文住宅があります。マイホームの購入を検討した段階で、どちらにするかおおいに悩む人もいれば、きっぱりどちらかに決める人もいます。

この2つの購入方法には大きな違いがありますが、オリジナリティのある家や長年の夢や構想を形にしたいなどのこだわりがなく、住み心地や使い勝手を重視するなら、分譲住宅は実に理にかなったおすすめの購入方法と言えます。

確かに自分の好みやセンスを取り入れにくいという点は否めませんが、どのような点がどんな人におすすめでしょうか。

注文住宅とはどう違う?

戸建住宅は注文住宅を購入する場合と分譲住宅を購入する場合がありますが、どう違うのでしょうか。そもそも住宅は土地に建物が建っている状態です。

注文住宅は自分で土地を探して購入した上で住宅を建てる場合と、親などからの相続で得た土地や畑などに建てるケースがあります。いずれにしても自分で土地を用意して、そこに住宅の建築をします。

一方戸建分譲用に建てられた住宅は、土地がセットになった状態で販売されます。建物も内装も全て完成した状態で販売されているので、外観や間取りを確認した上で購入でき、住み始めてからのイメージ違いなどによる後悔は少ないと言えます。

また戸建分譲向けに建てられる住宅は注文住宅よりも安く購入できる傾向にあります。注文住宅と違い、住宅販売会社や住宅会社が土地をまとめて購入し、その土地を1軒ごとに区分けして住宅を建てるため、建設資材や部材をまとめて大量発注することができるので、材料費が安く上がるという点がひとつです。

もうひとつは、注文住宅の建築では欠かせない人件費が節約できる点です。注文住宅の場合は発注した施主との細かな打ち合わせを経て、間取りや使う資材などを決めていきます。しかし戸建分譲の住宅は購入者が間取りや外観デザインなどを決めることはなく、建物が完成した状態で購入するので、打ち合わせの必要もなくその分の費用を価格に反映することができます。

長く住むなら一般的な間取りとデザインが安心

分譲住宅は外観や間取り、内装に至るまで自分では決められない部分が多いため、外壁や屋根などの建材や工法なども予め決まった形で建てられた物件を購入します。

マイホームの購入を夢見始めてから、住宅の広告やモデルハウスの見学などを経て、少しは住宅に詳しくなったとしても、本当に使い勝手の良い間取りや建材、家族構成や生活環境が変わった時でも対応できる空間デザインなどは、知識を持った人でなければ、難しい部分もたくさんあります。

そのため建築士やデザイナーの力を借りて、自分の理想の家を形にしていくのが注文住宅の購入の仕方ですが、実現したい間取りやデザインなどが決まっている人や、一般的な住宅では満足できない人には注文住宅がおすすめです。

しかしこれといったプランがない場合や、将来の家族構成や生活環境を想像した時に、現実味が湧いてこない場合や実現したい間取り等が浮かんでこないなら分譲住宅がおすすめでしょう。

戸建分譲用に建てられた住宅は、確かに似たり寄ったりの外観デザインも多く、個性が感じられないと考える人もいるでしょう。しかし家族が長く住み、それぞれが日常生活を送ることを考えると、一般的なデザインや間取りこそが最も広く受け入れられるものでもあることも事実です。好みの変化などにより違和感を感じることも少ないでしょう。

我が家がひとつの街のデザインになる

分譲や建売の形で販売される住宅は建設会社や住宅会社が土地をまとめて購入し、そこに住宅を建てて販売します。数棟の小規模のものから100棟単位の大規模の住宅もあり、新興住宅地などでは山などを切り崩して整備し、新たに街が開発されることもあります。

そのためある程度の規模の団地では、周囲の景観に合わせながら、統一感のある建物でひとつの街を作りあげます。南フランス風やプロヴァンス風のように海外のおしゃれな邸宅を思わせる外観の物件の多い住宅地や、「~ヶ丘」、「~台」のように周囲の街とは独立した新しい街を意識した住宅名を銘打って販売されることもあります。

このようにコンセプトを掲げて住宅地を開発し、主に新しく世帯を持つ若い世代や子供の小さな世帯の人に向け、大大的に広告等を打って販売が進められる点は分譲住宅の特徴です。特に軒数の多い分譲住宅地では、同じテイストの住宅が多いため個性が埋没しがちというデメリットもさることながら、自宅が街の景観やデザインの一部であることを実感しやすいというメリットもあります。

そこに住んでいない人には、どれも同じ住宅で個性がなく感じられるかもしれませんが、その街に居を構え生活をしていると、自分も自分の家も、街を構成している一部だという感覚とともに、一般的な外観にも不思議と愛着が湧くものです。

まだある分譲住宅のメリット

分譲住宅には、注文住宅よりも安価で手にできるという費用面でのメリット、自分で一から全てを決める手間が省け、それほど知識が無い人でも戸建住宅を手にできるというメリットがあります。

この2点は両者を比較した際の代表的なメリットですが、他にも分譲住宅がおすすめなポイントがあります。注文住宅は土地探しから自分で行わなくてはなりません。立地条件の良い土地は、当然価格も高くなりがちです。また中には相続した土地などに住宅を建てる場合もあり、立地の選択の余地が無いケースもあるでしょう。

分譲や建売住宅の場合、販売会社や開発会社は先に土地を手に入れて建物を建てながら購入者を同時に募集し始めますが、前提としてよい立地であれば住宅を建ててしまっても売れ残ることはないと考えています。より良い土地を入手するために独自の不動産ネットワークを持っていることも多く、そのためなかなか不動産市場に出てこないような好条件の場所や、土地そのものが広大で個人では購入できない場所に住宅が建つ場合もあり、利便性の高い地域に戸建住宅を手にできる可能性があります。

他にもまとまった軒数の住宅地や団地では、新しく街ができるためそこに住む人もほぼ同時期に入居を開始します。年代や子供の年齢などが近く、生活のしやすい環境がある上、古くからの入居者がいない分しがらみも無く自治会の運営もしやすいメリットがあります。

分譲住宅のデメリットも知っておこう

特別なこだわりが無く住宅を建てる土地も決まっていない場合には、費用面でも注文住宅より有利な分譲住宅にはメリットや魅力が多くあります。しかし当然デメリットとなる点もあるので、メリット、デメリットを知った上で慎重に検討すると良いでしょう。

どちらにするか迷った人の中には、そのありふれた外観や一般的な間取りをネックに感じた人も多いでしょう。確かに販売会社は、建てた住宅が売れずに在庫になることを一番避けたいため、広く受け入れられやすい一般的な外観や間取りになりがちです。この点をどうとらえるかは、マイホームを持つに当り最も優先したいポイントの違いでしょう。

自分たち家族だけのアイコンにもなるようなオリジナルなマイホームが欲しい場合や、不特定多数の人に受け入れられそうな無難な住宅では、叶えるのが難しい間取りや工法、資材を使いたい場合には、やはりデメリットと言わざるを得ません。

また費用面では注文住宅より安く購入できますが、コストカットした人件費や材料費以上に、品質を落として建てられているケースがあります。大工さんや職人の報酬体系がその原因のひとつですが、住宅一棟につき報酬が決まっているため、効率を求めるあまり品質が落ちることがあります。相場と比較してあまりに安い販売価格で売り出されている場合には注意が必要です。

他にも注意点として、施工会社が決まっている点があります。気に入った物件を見つけても、肝心なのは入居し始めてからのアフターフォローです。入居後のフォロー体制もきちんと確認してから購入するようにしましょう。

さらに分譲や建売住宅はある程度の棟数をまとめて建てながら、同時に販売も進めていきます。購入者が決まってから建築が始めるわけではないので、気に入った物件が、建ってから少し築年数が経っている場合もあります。

まとめ

住宅の購入方法は新築、中古、土地付き分譲、注文と人により形は様々です。それぞれに魅力がある反面、当然デメリットと言える点もあります。双方を十分に検討した上で、夢のマイホーム購入を進めてください。

費用面でのメリット、一般的な外観などメリットと捉えるかデメリットと感じるかは人によります。ありふれた外観や間取りも、見た目や内装はスタンダードなものにして、インテリアや家具などにこだわりたい人には十分メリットです。シンプルで普遍的な外観や内装だからこそ、自分のセンスを活かしたマイホームを生活しながら作っていけるのも醍醐味でしょう。

この記事をシェアする