失敗から学ぼう、新築戸建住宅で快適に暮らすことが出来る窓の条件とは

窓はただ壁についているもの、換気のためのものと考える方もいらっしゃるかもしれませんがデザインや形、大きさや配置によって家全体のイメージや暮らしやすさを大きく左右する非常に重要なものなのです。新築戸建住宅を購入する際にも、どのようなものをどれくらいの数、どこに配置するのかということはとても大切なポイントです。

では快適な暮らしを送るために必要となる条件はどのようなものなのでしょうか?実際に購入した人が失敗と感じたことをご紹介しながら必要となるポイントについてまとめています。これから新築戸建住宅の購入を予定している方は、見ておいて損はありませんよ!

最も重要な窓の配置

重要な役割の一つとして風通しを良くして空気の入れ替えをするということがありますが、そのためには配置がとても重要となります。土地によって風の流れというのは違っていますので、その土地ではどのように風が流れていてどのように配置すれば効果的に風を取り入れることが出来るかを考えなければなりません。一般的に良いと言われる方角に合わせて配置をしたけれども、実際にその家の周りに流れる風の向きとは合っておらず上手く風が取り込めなかったというのはよくある失敗です。

また同じように光を上手く取り入れることが出来るかということも考える必要があります。光の入りにくい場所は天窓にしたり配置する高さを調整したりすることで十分な光を取り込んだ明るい家にすることが出来ます。

その他の失敗として多いのは配置した場所によって道路から見えやすくなってしまったり、隣の家と窓が向い合せになってしまったりするということです。こういった状況になるとプライバシーが守られずトラブルの原因となることもありますので十分な注意が必要です。

窓のデザインや種類

一口に窓と言ってもいくつかの種類があり、そのデザインや機能は様々です。一般的に使用されるのは引き違い型です。もっとも安く設置することができ、昔から多くの家で利用されています。しかし断熱性能や気密性のうが高くはありませんので、寝室などに設置した場合に失敗したと感じる方も多いです。

縦長のデザインでスライドして開く縦すべり出し型も人気があります。大きく開くので外側のガラスの掃除がしやすいという魅力がありますし、開いた際に外の風を遮断してくれるので風を上手く取り込むことが出来ます。しかしあまり多くの光を取り込むことが出来ませんので十分な光を取り込もうとするといくつかを並べて設置する必要が出てきます。その分費用は高額になりますし、カーテンも揃えて必要になりますので頭を悩ませる方もいます。

横型のものとして多く利用されているのが横を軸にしてスライドして開く横すべり出し型です。開けていても雨が入ってこない点や、開く角度を自由に調整できるというメリットがあります。一方で風通しはそこまでようありませんし、デザイン面では優れているとは言えません。

その他にもスリットや上げ下げ型などいくつかの種類がありますが、それぞれにメリットもデメリットもあります。きちんとそれらの特徴を理解してどこにどのように配置するかを考えることで失敗を防ぎ快適に生活をすることが出来るようになります。

性能は大きな問題となる

新築戸建住宅の窓について考えた時、重要となってくるのが性能面です。見た目のデザインというのはもちろん大切ではありますが、やはりきちんと本来の機能を果たしてくれなければ何の意味もありません。

基本的な役割である風通しを良くすること、光を十分に取り込むことというのは風の向きや光の入り方を考えて配置やデザインを工夫することできちんと役割を果たすようにすることが出来ます。計画段階でしっかりと下調べをしてどこにどのようなものをいくつ配置するのかをしっかりと考えます。

そしてその他に重要となる性能が防犯性、断熱性などです。快適に暮らしていくためには、こういった性能を充実させておくことが大切なポイントとなります。防犯性に関してはロック機能がついていたり、暗証番号付きの鍵のついたものを設置したり、防犯ガラスを使用したものを選ぶと良いです。

また省エネを考えた際には断熱性がとても重要になりますが、家の断熱性を高めるためには窓の断熱性を高めることが一番良いです。断熱性を高めたものは近年非常に色々なものが出てきていますのでどのような特徴があるのか、コストはどれくらいかかるのかということを良く調べてぜひ取り入れることをおすすめします。

まとめ

窓はデザインの一部と思われることが多く、見た目だけで選んでしまう人も非常に多いです。ですが実際には家で快適に暮らしていくために非常に重要な役割を果たしているものなのです。家の中の風を上手く入れ替えて、風通しの良い空間を作ったり十分な光を取り入れて明るい家にしたりすることが窓の基本的な役割となり新築戸建住宅を購入する際にはその役割をきちんと果たすことが出来るのかということを考えて配置や種類などを決める必要があります。

また断熱性や気密性に優れたものや、防犯性を高めたものも近年多く出てきていてそういったものを使用することでより快適な暮らしをすることが出来るようになります。より暮らしやすく快適な家にするためには実際に住み始めてからのことを具体的に考えて、どのような窓をどこにどれくらい配置するか考えていくようにしましょう。